“昔総務系のシステム作って導入したら、効率上がりすぎて事務の人が次々に首になったんだけど、給料1円も上がらなかったしボーナスも出なかった。要するにそういうことだと思うんだ、今の日本は。”
risa-s-t-a-l-k-e-r:

poverty199485.jpg
“「本当は僕自身がフリフリの服を着てみたいけど流石に勇気がないから妥協策としてフリフリの服を着た女の子の絵を描いてる」と母に趣味を打ち明けたら「妥協するな」と言われた。”
deli-hell-me:

Twitter / shoukanotechou: 「◎ドッキリ写真」1971年のエロ広告 『下さいませ』という …

(@shoukanotechou)「◎ドッキリ写真」1971年のエロ広告 『下さいませ』という上品な口調と、『男は黙って』という上からの物言いの整合性がイマイチ取れていないと思うが、全体的に名文だと思う…

deli-hell-me:

Twitter / shoukanotechou: 「◎ドッキリ写真」1971年のエロ広告 『下さいませ』という …

(@shoukanotechou)「◎ドッキリ写真」1971年のエロ広告 『下さいませ』という上品な口調と、『男は黙って』という上からの物言いの整合性がイマイチ取れていないと思うが、全体的に名文だと思う…

chptr22:

Twitter / yu6ri8: 私の日常 http://t.co/LWyFISmFW2
・朝日新聞社の今回の報道は、実は経営トップなどの幹部への事前の連絡のないまま記事になったようです。

・そのため、現場の編集責任者と経営陣の間で、大きな騒ぎになっています。

・「これ以上、慰安婦問題の原因となった記事を、押し通すのは無理だ」とする編集者の考えと、「押し通すしかないだろう」という経営幹部の意見とが折り合わないようです。

・しかし、すでに記事としての間違いを認めてしまったわけですから、いらだちを抱えながら今後の対応を検討しています。

・特に、社長は国会招致の可能性が高まっているので、不安を隠しきれません。

・結局は「当時の記者の裏付け調査がちゃんとしていなかったから」ということで記事を書いた記者のせいにすることを考えているようです。

・朝日の社員の多くが「社長が辞任して決着付けるしかないだろう」「社長の辞任だけじゃ済まないだろう」など囁き始めています。

・朝日新聞社では、当時の記者、編集責任者など関係者を呼び集め、検討が重ねられているようです。

・植村元記者《※1》も心中穏やかではなく、言い訳がきかない状況の中で、本当のことを話し、謝罪するしかないと考えているようです。


《※1》植村元記者について、一つ前のブログで『要望書(緊急要望書 「慰安婦問題」に関する国会証人喚問を要望いたします)』を書くために、北星学園大学に同氏の立場を聞きました。その回答は、「前期の授業をもっていたのは確かだが、後期は未定。9月中旬に決まる。」とのことでした。なお、昨日(6日)発売の週刊文春で、植村氏の北星学園大学に関する記事が掲載されています。

・産経新聞社は今回の問題が、ようやく明らかになることで、今までの苦労が報われた思いでいます。

・特に現場で取材にあたっていた記者や編集者は、ずっと「打倒朝日」を掲げてきていましたので、ここで追及の手を止めるわけにはいかないと、ますます意気軒高です。

・産経は大々的にキャンペーンを繰り広げるつもりです。
“CDなど音楽ソフトの生産金額は1998年をピークに、13年はおよそ4割の2700億円に落ち込んだ。しかしコンサートの全国動員数は伸び続け、13年は90年代後半の2倍強の3885万人になった。04年以前は1千億円に満たなかったコンサートの総売上高も、13年には2300億円に。Tシャツなど会場内のグッズ販売を加えると3500億円規模といわれる。いまの音楽産業をライブが支えている。”
“教師のインストラクションは、こうだった。「もし君らが、8回未満しかその運動ができなかったら、それは負荷が重すぎるのだ。そのときは、1kg軽いウェイトを使え。また、逆に16回以上その運動ができた場合、負荷が軽すぎる。だから1kg重いウェイトを次回はトライすること。重すぎるウェイトで無理を続けてりしてはいけない。それは筋肉にむしろ障害を与える。軽すぎる負荷では、もちろん筋力の向上にはつながらない。」 そしてまた、こうも言った。「こうしたトレーニングのための運動は、週1回では足りないことが統計で明らかになっている。7日たつと、獲得された筋力がもとに戻ってしまうのだ。週2回やれば、筋力は維持される。だから本校の体育の授業は教養過程の間、週2回に設定している。」

そして極め付けは、これだった。「諸君は別に他人と比べる必要はない。各人の運動能力はそれぞれ別で、個性があるのだ。だから、過去の自分とだけ比較して、向上を確認すればいい。」”
“雷軍は米粉の間で「米神」と呼ばれてカリスマ的な人気を持つ。”